• 「マルス – MARS – 」日本最大規模の
    オンライン・リアルタイム・システム

    稼働率99.999%という高度安定稼働を実現
    お客さまの信頼とニーズに応えるため、
    日々進化を続けます。
  • 「アシストマルス – 話せる券売機 – 」
    「MV-50形端末」とコールセンターを接続し、
    遠隔による窓口サービスを実現。
  • 「顧客操作型端末 – MV-60形端末 – 」
    設置環境も設置台数も自由自在!
    お客さまの購入需要にスピーディに対応する
    スタンドアロンタイプのキャッシュレス券売機。
  • これからの鉄道チケッティングサービス
    Anywhere – 場所を問わずに利用が可能 –
    Anyone – 誰でも簡単に操作が可能 –
    Anything – 多様化するニーズに効率よく対応 –
    私たちの未来に向けた取り組みをご紹介します。

「第12回世界鉄道研究会議(WCRR 2019)」および 「第6回鉄道技術展2019 Mass-Trans Innovation Japan 2019」 に出展いたします。

日本の鉄道を長きにわたり支え続けてきた「MARS(マルス)」システムをはじめ、「みどりの窓口」の販売端末として進化を続ける「マルス端末」や 私たちが考える「これからの鉄道チケッティングサービス」を出展いたします。

「第12回世界鉄道研究会議(WCRR 2019)」概要

主催
公益財団法⼈ 鉄道総合技術研究所
テーマ
Railway Research to Enhance the Customer Experienceカスタマー・エクスペリエンスを⾼めるための鉄道研究
出展期間
2019年10月28日(月)~31日(木)
会場
東京国際フォーラム ホールE
主催
公益財団法⼈ 鉄道総合技術研究所
テーマ
Railway Research to Enhance the Customer Experienceカスタマー・エクスペリエンスを⾼めるための鉄道研究
出展期間
2019年10月28日(月)~31日(木)
会場
東京国際フォーラム ホールE

本イベントは終了しました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

「第6回鉄道技術展2019 Mass-Trans Innovation Japan 2019」概要

主催
フジサンケイ ビジネスアイ
出展期間
2019年11月27日(水)~29日(金)
会場
幕張メッセ 5・6・7・8ホール
主催
フジサンケイ ビジネスアイ
出展期間
2019年11月27日(水)~29日(金)
会場
幕張メッセ 5・6・7・8ホール

出展システム

旅客販売総合システム
- マルス (MARS) -

MARS (Magnetic-electronic Automatic Reservation System) は、わが国のシステム開発史を牽引してきました。機械計算からプログラム演算へ、高速大量処理、多機能化、さらにはメインフレームから分散化へ。つねに時代の先端を開き、かつ次代のコンピューティング技術を押し拓いてきたのです。

係員操作型端末
- MR-52形端末 -

MR形端末は、「みどりの窓口」を支え続けて25年になります。その間、係員操作型端末に求められる「使いやすさ」「高度な保守性」「スピード」を継続して進化し続けてきました。
※パネル展示のみとなります。

顧客操作型端末
- MV-50形端末 -

「みどりの窓口」に匹敵する多彩なきっぷを発売できるとともに、お客さまにとっての「使いやすさ」「分かりやすさ」を追求した多機能券売機です。

アシストマルス
- 話せる券売機 -

各駅に設置された顧客操作型端末(MV-50)とコールセンターを接続し、遠隔による窓口サービスを実現しました。「みどりの窓口」の営業時間外などにアシストマルスを活用することで、効率的な窓口運営を可能とします。

スタンドアロンタイプ顧客操作型端末
- MV-60形端末 -

ブースレスでの単独設置を可能にした、スタンドアロンタイプのキャッシュレス券売機です。直近列車の空席情報などが案内できるアイキャッチモニタなど、お客さま向け案内も充実し、購入需要の拡大・利用率向上を追求しています。

これからの
鉄道チケッティングサービス

技術の進展やお客さまニーズの変化に伴い、これからは駅の利用スタイルが多様化していきます。私たちは、誰でも簡単に、場所を問わずきっぷを購入できる未来に向けて取り組みをすすめています。
※購入内容事前入力サービス(タブレット、ロボット)を展示します。
※モビリティ一括予約・決済サービス(MaaSチャットボット)を参考出展します。